ベロニカ学習帳。

文京なんちゃらのなれの果て

またたく間に

夏が終わり、気付けば秋も深まり。

もう激動激動言うの飽きたな。って思うくらいにまた激動してた気がするここ数か月。アロマサロンをやめることにした。サロンをやめようかどうかということを本気で考え始めてから、今後の人生の指針になるようなもの(と私が感じてしまうようなもの)に出会いすぎていて、ちょっと怖いくらい。今までスルーしてきたメッセージを、単に拾っているだけとも考えられるけれど。いずれにせよ、そういったいくつもの出会いから結論としてサロンを閉めるということにしたわけだけど、だから後ろ髪をひかれることがないと言ったらうそになるけど、後悔はしないと思う。現実的にもうこれ以上体がもたないというところまできているし。
パート先にもやっと新しい社員さんが入ったので、そっちも少しずつ手を引いていき、これからはハーブティーのお仕事に専念していきたい。予定。いろんな意味で、うまくいくかどうかはわからないけど(それはいつものこと)。未定事項が人生を動かしていくよ。

Qさんも激動というかなんというかの夏~秋を経て、中受やめるかやめないかというところまでいったものの、今は皮一枚つながった状態で、初めての英検(5級)に合格して、算数だけ通塾するという良くわからない状態となっている。別に受験しなくたっていいんよとは最初から言ってるし、本人も自分が受験すると言い出した理由は「友達がするから」というもので、なんのモチベーションもないことは自覚しているようだし、なんとなく公立中でも悪くないんじゃないかと思い始めてる様子もあるんだけど、お友達のNちゃんが「Qちゃんが受験しないなら私もしない!」とか言い出しちゃってるらしく、いやーそれは責任持てないよ?

PさんはPさんで、一応写真部に所属して入るものの、中学から帰ると昼寝ばかり、土日は外に行ったと思ったらゲーセンで遊んでくるというしょうもない日々…の中で、突然「バスケ部に入る」と言い出した矢先に右手を負傷して全治1か月…。なんなの。結局今はバスケ部にも入ってないし写真部にも行ってないし唯一の「続けたい」と言っていた習い事の書道も休んでいるし、しかしゲームだけは毎日せっせと励んでいる(今は音ゲーにハマっている)。ベネッセの学推っちゅう中堅以下の進学校?がだいたい受けるテストがあって、3教科で上位1割以内の順位に入るよう頑張るから新しいiPad買ってくれなどと言い、そういうのはしっかりと宣言通り実現してくる(憎たらしいことにギリギリ食い込む感じ)のでゲームは今のところ好きにやらせているけれど。でも、正直そんなん、1割に入ったって大したことないテストだと思う…。ちなみに学内では3位。前回も似たようなものだし、定期テストでもそんなもの。これで実は補欠合格っていう事実が怖い、受験が本当に水物だってよくわかる。そんなのもあって、Qさんの受験にもあんまり肯定的になれんのよね(Pは今の学校が合ってると思うし、結果オーライだけども)。

というような毎日です。正直、どっぷり疲れている。そんななかで岡崎体育が癒し。

3週目半ば

少し間が空いたものの続いてますよダイエット。

とりあえず2週目でなんとかマイナス1kgにはなった。って数字で言うと大したことないけど、体感としてはなんか腰回りに巻かれていた布団が取れた、みたいな感じ。まあ、まだ薄いケットくらいは巻いてる感じはするけどね...

8月1週目はダラダラと続く生理でつぶれ(これはもう年齢的なもので仕方ない)、からの帰省で2週間近く思うように体が動かせなかったり、食べる量も増えているはずで、帰省から戻ってきて体重増えてるだろうなと思っておそるおそる体重計に乗ってみたら全然増えてなかったからガッツポーズしましたね。でも増えるのも減るのも数字は後からと思ってるので、ここで気を緩めないよう気をつけます。
15日に東京に戻り、
16日上半身+ランニング
17日下半身+ランニング(時間がなくいつもの3分の2くらい)
と、とりあえずペースを取り戻すことを第一の目標に。ここらでもう一段階ぐっと体重落としたいんだけどな~
8月後半になり仕事がにわかに忙しくなってきたり、子供の宿題が進んでなかったり、ここからしばらくは、いかに自分の時間を確保するかが課題となりそう。がーんばろー

1週目

そんなわけで24日からジムに通い始めた。チョコなんとかっていう他人とは思えない名前の、コンビニ感覚で通えるというジムがうちの近所にできたので、これ幸いと。1週間の軌跡。

24日 マシンジム全般とりあえずやり方をマスターする。ランニングマシン。セルフエステ腕だけ。

25日 マシンジム上半身。ランニングマシン。セルフエステ腹。

26日 マシンジム下半身。ランニングマシン。

27日 マシンジム上半身。ランニングマシン。セルフエステ顔。

28日 マシンジム下半身。ランニングマシン。

29日 マシンジム上半身。ランニングマシン。セルフエステ腕。

30日 休み

31日 マシンジム下半身。ランニングマシン。セルフエステ腕&腹。

自分でもこんな毎日のようにいくとは思ってなかったけど(30日は朝から仕事が、夕方から飲み会も入っていたので、もうチートデイとしたけど、それ以外は毎日行けた!)、案外子供たちの夏休み中は行きやすい。Pは引きこもりのように家にずっといるけど、まあどうしようもないので放っておくとして、Qは夏期講習で忙しいし。じゃあ私もジム行ってくるわって感じで仕事の後とかでもちょっと行けるのが本当にコンビニ感覚。

今のところ体重はあまり減ってないけど、体脂肪率は結構明らかに下がったし、腹回りの重い感じはだいぶ改善した。ここ何年かの経験で、体重は体感のあとからついてくるものだとなんとなくわかってきたので(増える時も、なんか太ったかなあと思っても体重は変わってなくて、まあ大丈夫かなと油断していると後からどんと増える)、すぐに体重が落ちなくても焦らないわよ~。

とりあえず、ある程度体重が落ちるまでは今のペースでカラダを動かす習慣を身に着けていきたい。

やべえので何とかする

此処はわたくしがわたくしごとしか書かない場所ですが、その中でも特にわたくしごとオブわたくしごとを書くね。

太った…!

ええ、それはもう、体重を量らなくてもわかるくらいに。たぶん人生でも最大級の肉付きです。体重だけでいえば妊娠末期よりは軽いから私史上最重ではないのだが、腹の中には誰もいないのだからこりゃまずい。改めて文章で書くと自分でも引くわ。

Pの中学受験が実は私にとっては結構なストレスだったようで。秋くらいから飲酒も我慢し続けてたし。そんな反動もあったのだろう、受験終了の日から毎日のように着実にアルコール摂取を続け、なんかやめられなくなっている。しかも、仕事がなかなか忙しいのを言い訳に、ヨガもストレッチもマッサージも一切サボっていたら、この体たらく。2か月くらいで一気にどーんと重くなったのよね。

しかも今回はなんか、ぜんぶ腹まわりについている体感がある。腹というか、胴が重い…。おかげで膝へのダメージとかも結構あって、ときどきお年寄りのような歩き方をしている自分に気づいてぞっとしている。

もう1か月くらい前から「あれ、これはさすがにまずくない?」と思って食事内容などを改善するも、そんなレベルでは、かろうじて今より増やさないようにする、という程度にしかならんのね。

いやー、流石に本気でダイエットしないといけないレベルになってきたな(※もともと本気でダイエットしないとダメなレベルなんですが)と思うので、ここに宣言することにしたわけです。

今日からダイエットだ。がんばります。

そこまでバカではないのは知ってる

そういや今年受験を終えたPの話ばかり書いてきたが、Qの受験もあと2年半ですって?いや~なんかもう笑うわ…(笑えんわ…)。

Qは近所のY系小規模塾に行くことにして、3月から通っている。なんでその塾を選んだかというと、やっぱり歩いていける範囲がベストという結論に至ったことと、体験授業に行ったら「ものすごく仲良しではないけどまあまあ仲が良くて母同士もそれなりに知ってて信頼できる」という同級生もこの塾に通うことが判明し(どちらが先というわけではなく、同時期に体験授業を受けていた)、家も近いので行きはともかく帰りが一緒なのは安心!と思えたことなど。つまり、決め手は塾の内容とかレベルとかではない。まあ小規模ならではのアットホームな感じは良いと思うけど、そのくらいかな~

そんなにレベル高くない塾だけど、そこはY系。月例テストも全統小もちゃんとやってくれていて(そりゃそうか)、ちゃんとそれ基準での偏差値が出るわけで、案外(というのもアレだけど)Qが好成績をたたき出しているのである。

「こう言っては失礼ですが、もっとできないと思っていました」と塾長に言われましたよ。いやほんとハッキリ言いすぎて失礼だよwwwまあ私も「案外」とか書いてるけどなwww

Pもそうだったんだ。特に皆より勉強してない状態で受けた模試でも、それなりの成績を残してる。でも、勉強したところでそんなに変わらない。これ書くの憚られて今まで書かなかったけど、実はP、小6の12月時点(遅まきながらゲームをスパッとやめたタイミング)でフォートナイトのプレイ時間が3000時間を超えていた。それで成績が上がるわけがないのは当然なんだけど、じゃあ下がったかというとそうでもない、というのが重要で。いやさ、その3000時間が勉強に向いてたら…とは思うよ、思うけど、彼の場合やりたいことをやって、勉強もやって、それでバランス取れた結果が現在の姿。結果的に本命に振られたのは「やっぱりね」だったけど、「やっぱりね」だったからそこまで絶望してないし、進学することになった学校ではトップクラスになれたから、本人の自己肯定感すごい高いしめっちゃ中学校生活を謳歌してる。

だからQも「今からがんばれば難関校目指せる」と言われても、動かんのよねー全然心が!! まあQ自身が難関校を目指したいと言い出したら別だし、こちらの考えを押し付けるだけではフェアじゃないから、いろんな学校を見せたうえで本人に考えてほしいと思ってはいるけどさ。

最初は塾の宿題に付き合う私も本当苦痛だったけど、慣れてきたら一人でできてるし、量もとんでもないと言うほどでもない(うちは2教科しか受けてないし)。今のペースで受験までずっととは思ってないけど、4年生ならこのくらいで充分だよ。

PTAとかなんとか

小学校PTAのおそろしい話がついたーで話題になってて、さすがに都会だとああいうのはないけど(どこに誰が住んでいるかもわからない環境だし)、というか基本的にお金持ちばっかりと思うので(知らんけど)、トラブルに巻き込まれたりすることはほとんど無いんだけど。でもやっぱり、子供を私立幼稚園からの公立小学校からの私立中学という流れで育てると、公立小学校にはヤバめの親御さんがいる確率が高い、とは思うわ。

そんなに人付き合いしない私でも、まあ仲良くしていただいているママ友さんとかも少しはいる。そういう個人的にお付き合いしている人は皆良い人たちというか、ある程度同じ価値観でお付き合いできる人だから、まったく問題ない。でも、そういうコミュニティを一歩出て小学校とか地域とかと関わると、やっぱりいたのよ、そういう人。一目見て嫌な予感がしたけど、やっぱ見てわかるもんだな。

ああボスママってこういう人なんだ、本当にいるんだなー。とか。
そんなに地域の人について詳しくなって、なんかメリットあんのかなー。とか。
この小さなコミュニティを仕切りたくて仕方ないのだろうなー。とか。

その人の発する言葉ひとつひとつ聞くたびにクラクラしている。基本的に、私みたいなもんはなるべく関わらないようにそっと円の外に出ておくので、そういう人は勝手にやってくれればいいよ。と思ってたんだけど。自分がやりたいことのコミュニティにもそういう人が出張ってきたので、ちょっと困ってる。会うだけでなんかストレスに感じるから、できれば関わりたくないけど、その人のためにコミュニティを抜けるのとか嫌だしな。

でも我慢もしたくない、私も年をとったもんだ、、と思う。

わたしの知らない世界

Pが中学に入って1か月。なるほど私立中学というのは公立とは全然ちがうのだなあと、いまさらながら身に沁みている公立育ちの母である。

私は公立でもいいよ派だし、これはあんまり大きな声では言えないけれど、2年くらい前までは、やっぱり難関校でもない私立中学に入れるっていうのはあんまり意味ないんじゃないか?とも思っていた。結果的にPが行くことになった学校は、偏差値で言ったらそれこそ「わざわざ受験して入る意味あるの?」と言われそうな、SAPIXの偏差値表にも出てこないようなところだけど、それでも中身を知ると、育ちの良い、いい子が多いし、やりたい部活があって来た子とか、お母さんも卒業生だったとか、そういう理由で選ばれてるわけで、決して難関校に届かないから行く学校というわけじゃないのだ。いや、当たり前なんだけど、改めて思ったりしたわけで。

そんなわけでQの中受については、私としてはすでに肩の力を抜いてしまって、4年生なのにもう2教科でいいやって理社を捨てたったわ。そのかわり英語(受験のためでなく本人がやりたくてやっていたもの)は引き続き習わせて、6年生までに英検3級くらい行けると良いけどそれはわからない。

2教科受験というのは、Pが本当に社会ができなくて最後まで苦しんだという反省もあって。でも男子の場合は4教科受験の学校が多かったのも事実。それと比べると、女子は2教科だけでも受けられる学校が多いというか、幅が広いと感じる。あとはPのときにはやはり学校見学とか説明会とかに行ける機会が少なすぎたけど、まだ時間がたっぷりあるから、ちゃんと偏差値でなく学校の中身を見て受験をさせたいなとは思う。それでもまだ「公立だっていいよ」とは言い続けるけどね…

今つらいのは、Pは個別塾だったのもあって、ほぼ自走で勝手に受験勉強をしていた(していなかった)のに対し、Qは今のところ伴走なしで勉強ができないところ。これが思いのほか私のHPを削りまくっている。そのうち少しは自走してくれるのか、このまま最後まで私も走るのかな、もう息切れしててやばいよー。